会社設立には手続きが必要なので、知識を得る必要があります。

税率を減らす

移転価格税制の歴史について

企業が海外に子会社を設立して、税金逃れをしようとする動きは昔から存在していました。大きな利益を稼ぐほど税率は重要です。法人税が高い国であれば、得た利益の半分を持っていかれる事もあります。だから税率の安い国にお金を渡そうとする行為に至るのは当然です。 しかし国税局はそれを黙って見ていませんでした。国税局は国の運営に必要な税金を回収する事が仕事です。それを阻害する行動は防ぐ必要があります。彼らが採用した手段は、移転価格税制を設定する事でした。 移転価格税制を設定されると、正当な取引での価格が判断材料にされます。つまりグループ間の取引価格は、重要視されなくなるのです。その結果せっかく安い値段で子会社に商品を流しても、高い税金を掛けられてしまいます。

子会社の設立は増える

国内の販売だけに集中していれば、移転価格税制が関わる事はありません。しかし海外展開する事は税金だけでなく機会についても魅力的です。国内の顧客を開拓し尽くせば、別の場所を探す必要があります。それには海外が手っ取り早いと言えます。 だから移転価格税制を考慮して、海外取引を全く行わないという選択肢はあり得ないのです。現に海外に子会社を設立する動きは常に行われています。税金の問題で尻込みしていては、貴重なビジネスチャンスを失う可能性があるので、企業には迷っている時間がありません。 幸いな事に移転価格税制についての相談を請け負う業者も登場しています。今後は彼らのような有識者の協力によって、海外展開が進む事は間違いありません。

↑ PAGE TOP