会社設立には手続きが必要なので、知識を得る必要があります。

プロに任せることで様々な知識を得られる

GALLERY

税率を減らす

海外に子会社を設立して極力税金を減らしたいと考える人も多いです。移転価格税制を採用することで高い税金がかかってしまいます。国内ではこの制度が採用されることはなく、基本的に海外取引です。

詳細を見る

賠償内容

交通事故にあって後遺障害が残ると逸失利益などの賠償項目が発生します。賠償内容は後遺障害の等級によって異なり、賠償金の計算をすることで正確な数字を算出することができます。

詳細を見る

トラブル解決

夫婦の問題は必ず起こるものですが、時にはそれが離婚問題へと発展してしまうこともあります。離婚相談を弁護士にすることで正しい慰謝料請求や手続きを行うことができます。

詳細を見る

将来成功させる

いざ会社を設立するとなると

会社設立をするとなると様々なことをしなければなりません。社名を決めたり、定款を作成したりとやらなければならない事が幾つかありますが、その中で注意すべき点があります。これだと思って社名を決めても、類似称号の確認もしておかなければなりません。事務所を決める際も、もしマンションを事務所として借りようとする場合は、そこが事業用として利用しても大丈夫か確認が必要です。また許認可が必要な事業内容によっては、事務所の広さによって許可が得られない場合もありますので事前に確認が必要です。許認可申請もどれくらいの時間がかかるのか知っておいた方が、会社設立のスケジュールが立てやすくなります。事業目的を定款に記載しなければなりませんが、その文言は明確で具体的でなければいけません。これは法務局の登記官によって判断が異なりますので、誰が見ても分かる文言にしなければ時間も費用もさらにかかってしまいます。

経営者になる前に知っておいた方が良いこと

会社設立に関して知っておいた方が良いことがあります。会社設立設立には何かと費用がかかりますが、設立前にかかった費用についても設立後に費用計上が出来ますので、領収書などの明細はきちんと保管しておきましょう。会社を設立するにあたって、株式会社ではなく合同会社での設立でしたら設立時の費用や設立後の費用も安く済みます。しかし合同会社ですと信頼性に疑いを持つ人も中にはいますので、そのことのメリットデメリットは十分考慮した方が良いです。税制上メリットを受けられる青色申告は、設立後3ヶ月以内か最初の事業年度の終了日のどちらか早い日までに提出しなければいけませんので、事前に準備しておく方が良いです。また毎月の定額給与ではない役員報酬を支払う場合は事前に届け出を出しておかないと損金算入出来ませんので、届け出は必ず出しておきます。その他細かなことでは、代表者印や銀行印など印鑑を用意しなければいけませんが、意外に費用がかかる事も把握しておいた方が良いです。

オススメリンク

  • トラブルバスター行政書士事務所

    風営許可申請の依頼についての情報を確認しておきたいと思っているなら必見になりますよ。気になる人は確認しておこう。
  • 南法律特許事務所

    フランチャイズ問題を弁護士に相談しようと考えているならサイトをクリック!多くの事例を解決してきた事務所が載っていますよ。
  • やすだ会計事務所

    相続なら奈良で優秀になっているところで申し込みをしてみませんか?利用状況を調べておくことができるのでチェックとなります。

↑ PAGE TOP